倒れるときは前のめり。

カレーが好きです。

2018年を迎えたので開発環境を見直した(iTerm2 + zsh + prezto + peco + anyframe + vim + VSCode)

MacBook Proクリーンインストールして homebrew で必要なアプリ群を導入したあとにやることをまとめた。アプリごとの細かい設定は mackup で Dropbox に退避していたのでほぼノータイムで復旧できて大変よろしい。

こちらの記事の続きとなる。

Ricty を捨てて Myrica に乗り換える

もともと Ritcy を使っていたんだけど、もろもろのビルドが面倒なので、この機に Myrica へ乗り換えることにした。

myrica.estable.jp

brew tap caskroom/fonts
brew cask install font-myrica font-myricam

VSCode で使うときは "editor.fontFamily": "Myrica M" で OK. あとは powerline 用にパッチを当てる。

ghq get Lokaltog/powerline-fontpatcher
cd -- ~/src/github.com/Lokaltog/powerline-fontpatcher
fontforge -lang=py -script ./scripts/powerline-fontpatcher ~/Library/Fonts/MyricaM.TTC

作業ディレクトリに MyricaM Monoscape for Powerline.otf なるファイルができているので、Finder からファイルをダブルクリックしてインストールすれば OK.

ターミナル環境

iTerm2 + zsh + prezto + peco + anyframe の環境を整えていく。

iTerm2

iTerm2 の設定ファイルは mackupDropbox に移しているので、Preference > General > PreferencesLoad preferences from a custom folder or URL: に設定ファイルのパスを指定すればよい。

なお vim-powerline では文字化けするので、iTerm2 の Profiles > Text > Non-ASCII Fonthttps://github.com/powerline/fonts から Space Mono for Powerline をインストールして指定する。

zsh + prezto + peco + anyframe

zsh の見た目をかっこよくしてくれる prezto を導入。さらに peco + anyframe でらくらくコマンドライン環境を整える。

まずは homebrew でインストールした zsh をデフォルトシェルに設定する。

sudo sh -c "echo '/usr/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
chsh -s /usr/local/bin/zsh

つぎは prezto.

github.com

git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"
setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done

anyframe は作者の Qiita の記事を読みながら導入。

qiita.com

ghq get mollifier/anyframe

~/.zshrc へ以下追記してやる。

function exists { which $1 &> /dev/null }
if exists peco; then
  fpath=($HOME/src/github.com/mollifier/anyframe(N-/) $fpath)
  autoload -Uz anyframe-init
  anyframe-init

  # 最近使用したのコマンドを叩いたりディレクトリに移動したり
  bindkey '^]' anyframe-widget-cdr
  bindkey '^r' anyframe-widget-put-history

  # ghq list のディレクトリに移動する
  bindkey '^g' anyframe-widget-cd-ghq-repository

  # kill process
  bindkey '^x^k' anyframe-widget-kill

fi

vim(macvim)

vim のパッケージ管理には dein を使用する。プラグイン管理は .vimrc から切り離して toml ファイルにまとめているので、例に漏れずシンボリックリンクを貼ってやる。

github.com

brew install macvim --with-lua --with-override-system-vim

# dein のインストール
sh ~/Dropbox/Mackup/.vim/installer.sh ~/.vim/dein

ln -s ~/Dropbox/Mackup/.vim/.dein.toml ~/.vim/dein/.dein.toml
ln -s ~/Dropbox/Mackup/.vim/.dein_lazy.toml ~/.vim/dein/.dein_lazy.toml

あとは vim を起動して、call dein#install(), call dein#update(), call dein#clear_state() すれば動くはず。

vim に導入している設定はだいたい以下の URL を参考にしている。

qiita.com

tmux + powerline

http://powerline.readthedocs.io/en/latest/installation/osx.html をもとに、シュッと powerline をインストール。

pip3 install powerline-status

tmux のバージョンが 2.6 以降だとコピー機能がうまく動かなかったので、公式の issue を見ながら .tmux.conf を修正する。

ref. https://github.com/tmux/tmux/issues/754#issuecomment-297452143

# ~/.tmux.conf
bind-key -T copy-mode-vi y send-keys -X copy-pipe-and-cancel "reattach-to-user-namespace pbcopy"
bind-key -T copy-mode-vi Enter send-keys -X copy-pipe-and-cancel "reattach-to-user-namespace pbcopy"

VSCode

これまで AtomIDE(RubyMine)を使用していたが、2017 年から VSCode を本格導入して以来もうこれなしには開発できない。

code --list-extensions > ~/Dropbox/backup/vscode/vscode-extensions.txt

クリーンインストール前に拡張機能の一覧を出力しておいて、

cd ~/Dropbox/backup/vscode
cat ./vscode-extensions.txt | while read line
do
  code --install-extension $line
done

で一括インストール。あとは Setting sync で gist にアップロードした設定を読み込めば終了。

code.visualstudio.com marketplace.visualstudio.com

開発言語のバージョン管理

RailsJavaScript 開発は Docker 上で完結させたいのだけど、ちょっと irb やコンソール上から動かしたいこともあるので、最低限の実行環境を入れることにした。

Ruby(rbenv + ruby-build)

brew install rbenv ruby-build

# ~/.zshrc に追加
export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH
eval "$(rbenv init - zsh)"

# 変更を反映させておく
source ~/.zshrc

rbenv install 2.4.0
rbenv global 2.4.0

which ruby # => /Users/cheezenaan/.rbenv/shims/ruby
ruby -v # => ruby 2.4.0p0 (2016-12-24 revision 57164) [x86_64-darwin17]

JavaScript(nodebrew + yarn)

公式のとおり curl を用いて nodebrew をインストールする。

github.com

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
export NODEBREW_ROOT=/path/to/.nodebrew

homebrew で nodebrew をインストールした場合、以下のエラーが表示されてコケる。

nodebrew install-binary latest

Fetching: https://nodejs.org/dist/v9.3.0/node-v9.3.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file
Warning: /Users/cheezenaan/.nodebrew/src/v9.3.0/node-v9.3.0-darwin-x64.tar.gz:
Warning: No such file or directory
                                                                           0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 1124)
download failed: https://nodejs.org/dist/v9.3.0/node-v9.3.0-darwin-x64.tar.gz
brew install yarn --without-node

落穂ひろい

  • logicool options のインストール
  • Google 日本語入力を IME のデフォルトにする

Karabiner-Elements

https://pqrs.org/osx/karabiner/complex_modifications/ から For Japanese の設定を Import しておく。

rcmdnk.com

残課題