倒れるときは前のめり。

カレーが好きです。

ぼくがかんがえたさいきょうの Rails チュートリアル

Docker for Mac と Dinghy のパフォーマンスを比較してみた

はじめに Mac x Docker 環境下で Rails アプリを開発している際にどれくらい性能差が出ているのか、n 番煎じであることは承知の上で実際に試してみた。 検証環境(ホスト) MacBook Pro(Retina 13-inch, Early 2015) OSX 10.13.5 High Sierra CPU: 2.7 GHz Int…

Rails on Docker な素振り環境の Rails バージョンアップをした(v5.1.4 => v5.2.0)

タイトルの通り。所詮サンプルアプリケーションだし楽勝かな…と思ったが意外なところで躓いたので、備忘録として残しておく。 5.2.0 に上げる Gemfile の Rails のバージョン指定を ~> 5.2.0 に修正して、 bundle update rails からの bin/rails app:update …

JavaScript だけでなくスタイルシートと画像ファイルも webpack 管理下に置いて、 Asset Pipeline から完全にサヨナラした

Rails チュートリアルのサンプルアプリから app/assets/ 以下を完全に葬り去ることに成功した— cheezenaan (@cheezenaan) 2018年1月28日 よくある Rails アプリケーションから JavaScript のビルドを webpack に移譲した前回に続いて、今回はスタイルシート…

Rails on Docker な開発環境からモダン JavaScript のビルド環境をコンテナごと独立させてみた

Rails チュートリアルのサンプルアプリを題材に自分だけの Rails on Docker な開発環境を作ることが、最近のマイブームになりつつある。 github.com もともと Rails チュートリアル自体はこの1〜2年で3周前後していたのだけど、ただ繰り返すだけなのもまぁ飽…